性別が異なる人との友情というのものはありもの、それか成立しませんか?とかいう論議が男性と女性の間で限りない課題かもしれません。

 

【友人】ということの観念そのものが決まっていないので、、どのあたりが仲良しの人だと認めることができるのかは、個人それぞれとてもものの考え方は違うものです。

 

友人と恋人関係との間においては好きや下心という、ないのとほぼ同じような差でしかないと感じます。他方で境界線を越えることで親友が終わってしまうのです。

 

終止符を打ちたくない友好関係ならばしっかり考えている必要があるのでしょう。男女同士において、仲間であるものの克己心が大切と求められますます。

 

さらに両想いの人という存在がいるということはその親しい仲の人のことを気遣い、他の複数の友達も同伴に集合するなどというようなあなたの内部で約束を決めておくことによって、ムダな揉め事を回避できるでしょう。