恋愛関係の人たちや妻と夫は、相手の性別が異なる人のことを同性の人と類似する想いで受容できるのか、どうかということは非常に理解しにくい主題に感じます。

 

異性の人だけで映画、飲みとなると、すぐにいい感じで「いってらっしゃい」と言えなくなってしまいます。基本、現代において、「親友」というくくりは多種多様なことが多いです。

 

SNS上で気楽に知りあえる【詳しく知らないけれど友人】という新しい結びつきさえも認められています。

 

友人関係とはどんなものかという意味合いの範囲自体がはびこって、基本的な考え方というものどんどん漠然としている考え方になっていることが考えられます。

 

異性同士の友達関係がありかどうなのか、この題に答えを追いかけるなら、夫婦や好きな人である各々がどんな感情であるか等を受け止めて相手のことを察するハートを表現して、双方友達関係を想像していく思いやりが大切なことだと考えています。